文字サイズ

【30日・園田11R 姫山菊花賞】王者・ジンギが適距離で巻き返す

 全国地方交流重賞レースで1700メートルで争われる。南関東勢を迎えても兵庫の王者・ジンギが主役だ。前走の六甲盃では船橋のトーセンブルに先着を許して2着に終わったが、2400メートルだと距離が長かった印象。ここを目標に仕上がりは万全。今回の遠征勢相手なら地力上位と思われ、ベストの1700メートル戦。きっちり巻き返す。

 僚馬のエイシンニシパもここを目標に仕上がり良好。積み重ねてきたタイトル数は13という古豪。まだまだ元気でここも好レースが期待できる。遠征馬では強敵相手に近2走で好戦を続けている船橋所属のスウィングビートが不気味な存在だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス