文字サイズ

【東京記念】フレッチャビアンカが古巣で重賞初制覇 御神本訓「力はあるなと見ていた」

直線での競り合いを制したフレッチャビアンカ(左)=撮影・持木克友
東京記念を制したフレッチャビアンカと関係者
2枚

 「東京記念・S1」(8日、大井)

 開催3日目の11Rで行われ、4番人気のフレッチャビアンカが、中団待機から直線抜け出して、南関東での重賞初制覇を成し遂げた。昨年の東京ダービー馬で8番人気のエメリミットが首差の2着に迫り、2番人気のフィアットルクスが4角先頭から3着に粘った。なお、1~5着馬は「第31回埼玉新聞栄冠賞・S3」(10月20日、浦和)の優先出走権を獲得した。

 3歳シーズンを岩手で過ごして急激に力をつけたフレッチャビアンカが、古巣の南関東でS1重賞を勝ち切った。

 トライアルの2着を含め、ここまで2000メートル戦以上で〈5310〉の長距離ランナー。昨年のダービーグランプリ(盛岡)で、今夏のマイルグランプリを勝ったティーズダンクに4馬身差を付けた実力は本物だった。

 鞍上の御神本訓は初騎乗。「以前に乗った騎手や厩務員さんに癖を聞いた」というが、作戦は「ゲートを出てから」と“天才”らしい手綱さばき。2周目向正面までは中団で力をため、最終コーナーを4番手で回って直線抜け出した。

 「こちらにいた頃から力はあるなと見ていたけど、岩手に移ってパワーアップしたのでしょう。最後は遊んだけど、しっかり馬が走ってくれました」と、新たな相棒を絶賛していた。

 エメリミット(2着)「最後は差し返すかと思ったけど、切れ味の差が出た。それでも、ここまで復活してくれて良かった」(山口達)

 フィアットルクス(3着)「馬の気持ちが前向きで、いい感じで走っていた。最後ひと伸びできなかったのは、久々だったからかな」(本橋孝)

 ストライクイーグル(4着)「乗り難しいところはあるが、最後まで歯を食いしばって頑張った。これでピリッとしてくるはず」(笹川翼)

 サトノプライム(5着)「イレ込みが激しかったが、ゲートは出た。それで馬がホッとしたのか、最後方からの競馬になってしまった」(張田昂)

 マンガン(7着)「外枠なので道中の位置は仕方なかったけど、チグハグな競馬になってしまった。最後は詰めているが」(矢野貴)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス