文字サイズ

園田競馬・【11日・園田10R DASH岸和田葵特別】ガミラスジャクソンがクラス2戦目は差し切る

 A2級の1230メートル戦。前走、現級同距離戦2着のガミラスジャクソンが中心。その前走は、逃げ切った勝ち馬のスピードに屈しはしたが、約1年ぶりのスプリント戦の上、4角では外へ振られる形のロス。高評価できる内容だった。馬体の成長も見られ、ここにきて本格気配。ペース慣れも見込める今回はきっちり差し切る。

 コスモビスティーは前走でガミラスジャクソンに続いての3着。いったんは完全に2着態勢となっていて、後続には3馬身差。スプリント戦向きで改めて当地初勝利を目指す。初のスプリント戦となるモズファヴォリートだが、血統からは対応できるはずで侮れない存在だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス