文字サイズ

【5日・園田11R 第57回兵庫大賞典】兵庫競馬王者の地位を確立したジンギが不動の本命

 春の兵庫競馬頂上決戦。1870メートルで争われる。ジンギが不動の本命。名古屋大賞典(Jpn3)では勝ち馬のクリンチャーには、地力の差を見せつけられたが、JRA勢相手に堂々渡り合っての4着は高評価できるレースぶり。地方馬の中では一枚上の実力も示していた。園田金盃、白鷺賞の両重賞での完勝から兵庫の王者として揺るぎない地位を確立。6つ目の重賞タイトルを獲得する。

 2番手は僚馬のエイシンニシパ。前走のはがくれ大賞典で13個目の重賞を制し、兵庫サラブレッド重賞最多勝利数を更新。しぶとさは健在だ。着実な地力強化が見られるコスモバレット、底を見せていないメイプルブラザーの両頭も上位争いに加わる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス