文字サイズ

【3日・姫路11R 棋士のまち加古川特別】距離適性高いタガノラガッツォの連勝が濃厚

 A1級の1500メートル戦。同距離の前走で新境地を拓いたタガノラガッツォに期待したい。兵庫オープン馬の中でも屈指の破壊力を武器に短距離の差し馬というイメージが定着していた同馬が、7F戦を超えた距離でまさかの逃げ切り勝ち。最後まで脚色が衰えることのない快勝で勝ち時計も優秀だった。距離適性は間違いなく高く、斤量57キロでも連勝が濃厚だ。

 イルティモーネは前走、JRA500万下相手に2着。勝ち馬にうまく乗られた印象で地力上位は十分に示したレースぶりだった。地元馬同士に戻って改めて勝利を目指す。底力のあるヒダルマは初の姫路が合いそう。顔ぶれからも反撃に転じる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス