文字サイズ

【地方競馬】ファッショニスタがスパーキングLC連覇 1番人気に応え正攻法で完勝

ゴール前の接戦を制して連覇達成のファッショニスタ(右)=撮影・持木克友
2枚

 「スパーキングレディーカップ・Jpn3」(15日、川崎)

 開催3日目の11Rで行われ、ファッショニスタが1番人気に応えて連覇を達成した。3番人気のサルサディオーネが逃げ、2番手でマークする昨年と同じ展開から、ゴール前で抜け出した。2着には2番人気のメイクハッピーが外から伸び、サルサが3着に粘った。

 戦前の予想通り、サルサディオーネがハナへ。ファッショニスタは2番手を追走。勝負どころから3番手のメイクハッピーが押し上げて、直線は3頭でたたき合いを繰り広げた。ファッショニスタの手綱を取った川田は「底力のある馬。走る気をちゃんと出してくれた」と称賛。勝負根性を発揮して、最後はグイッと抜け出した。

 連覇を成し遂げて、陣営の喜びもひとしお。「強い競馬ができてホッとしました。寒い時季よりも、馬の雰囲気はだいぶ良かった」と安田隆師は満足そうに振り返った。今後については「去年同様、夏はひと息入れて、秋になると思います」と見通しを語った。

 メイクハッピー(2着)「外枠だったが、無理なくいいポジションを取れた。終始手応えも良く、直線では逃げた馬を捕まえたが、勝った馬が一番強かった」(ルメール)

 サルサディオーネ(3着)「ハナにこだわった。船橋(マリーンC)に比べると少しリズムが悪かったが、よく粘っていた。今後も展開次第でチャンスはある」(矢野貴)

 メモリーコウ(4着)「前で決まる展開になってしまった。もう1列前で行きたかったが、前が速かった分だけ負けた」(古川吉)

 ワンダーアマービレ(5着)「スタートも良く、道中もロスなく上手に競馬をしてくれたが、こんな馬場で前が残ってしまった」(長岡)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス