文字サイズ

【地方競馬】ゴールドホイヤーが羽田盃V 4番人気が直線抜け出して1冠目

羽田盃を制したゴールドホイヤーと関係者(大井競馬提供)
2枚

 「羽田盃・S1」(29日、大井)

 開催3日目の11Rで行われ、ゴールドホイヤーが1冠目を奪取した。4番人気が道中2番手から直線で、逃げた10番人気のファルコンウィングを楽にかわした。後方を追走した2番人気のブラヴールが大外から伸びて2着。ファルコンウィングが3着に粘った。

 なお、1~5着馬は「第66回東京ダービー・S1」(6月3日・大井)、1着馬は「第22回ジャパンダートダービー・Jpn1」(7月8日・大井)の優先出走権を獲得した。

 昨年の東京ダービーをヒカリオーソで初めて制したジョッキーとトレーナーのコンビが、今年は1冠目の羽田盃を初めて手中にした。

 後続を離して逃げたファルコンウィングを前に見て、ゴールドホイヤーは終始2番手を追走。直線に入っても手応え十分の走りっぷりで、残り1Fで先頭に立つや、あとは独壇場だった。

 前走で勝った雲取賞は期間限定騎乗の吉原寛(金沢)が手綱を取ったが、今回は川崎の第一人者にスイッチ。殊勲の山崎誠は「去年に続き、今年も素晴らしい馬に乗せてもらって感謝しています」と、口取りの記念撮影では人さし指を1本突き上げて“1冠”をアピールした。

 折からのコロナ禍で、南関東のクラシックは無観客で開幕。競馬場の静寂は続くが、山崎誠は「世の中が大変な状況の中、競馬で少しでも皆さんが笑顔になってもらえるよう、一致団結して頑張ります」と変わらぬ奮闘を誓っていた。

 ブラヴール(2着)「順調に調教ができていたので、馬は良い状態でした。東京ダービーに向けて期待ができるレースだったと思います。スタートから1ハロンの位置取りが課題です。最後はいい足を使ってくれます」(本橋孝)

 ファルコンウィング(3着)「思っていた通りの形で進め、粘ることができた。マイペースで行ければ今日のような競馬ができるし、今後はもう一段階レベルアップができるはず」(左海誠)

 ティーズダンク(4着)「自分の馬も伸びていたが、前残りのレースで流れが向かなかった。しまいはいい足を使うので、ペースは流れた方が良く、次の東京ダービーは上積みがあれば期待できると思う」(笹川翼)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      注目レースプレイバック最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス