文字サイズ

【地方競馬】ブルドッグボスがゴールドC制覇 ゴール前強襲で重賞3勝目

JBCスプリントに続き重賞3勝目のブルドッグボスと関係者
2枚

 「ゴールドカップ・S2」(25日、浦和)

 開催最終日の11Rで行われ、ブルドッグボスが11月のJBCスプリントに続き重賞3勝目をマークした。2番人気の4角5番手から直線猛追し、逃げた1番人気のノブワイルドを鼻差交わした。3着には5番人気のアドマイヤゴッドが粘った。

 底力を示した。JBCスプリントの覇者ブルドッグボスが、年内ラストの一戦をしっかりと勝利で締めくくった。手綱を取った御神本訓は「直線に向いて追い出したら、いつものボスの伸びがあった」と力走をたたえた。

 道中は中団のインを追走し、3角から外に持ち出して進出する。鞍上のアクションに応えて、メンバー最速の上がり3F36秒5の末脚を発揮。逃げ込みを図るノブワイルドを鼻差とらえてゴールした。小久保智師は「体重は(プラス12キロと)増えていましたが、そんなに重い感じはしなかったし、特別気にするところはなかった」と振り返った。

 今年の後半戦は東京盃2着、JBCスプリント1着とダートグレード戦線で大暴れした。今後はJRAに再転入の予定。8歳の来年も持ち前のスピードを生かして進撃を続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      注目レースプレイバック最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス