文字サイズ

【地方競馬】モジアナフレイバーが勝島王冠を連覇 1番人気に応える圧勝で重賞V3

直線で一気に抜け出すモジアナフレイバー(左)=大井競馬場(撮影・持木克友)
2枚

 「勝島王冠・S2」(4日、大井)

 開催3日目の11Rで行われ、1番人気のモジアナフレイバーが連覇を成し遂げた。道中は中団待機から、先に抜け出した2番人気のノンコノユメを馬なりで交わして重賞3勝目。2馬身差でノンコノユメが続き、7番人気の古豪サウンドトゥルーが3着に追い込んだ。なお、優勝馬は「第65回東京大賞典・G1」(29日、大井)の優先出走権を獲得した。

 手綱を取った繁田健は「人気を背負っていたので、絶対に負けられないと思っていました。本当に強かった。この馬は乗っていて楽しい」と手放しで褒めたたえた。福永敏師も「直線に向いても手応えが良かったので、これなら大丈夫だなと。連覇できてうれしいです」と目を細めた。

 ポテンシャルの高さは折り紙付き。秋初戦の南部杯でも、JRA勢を相手に見せ場十分の4着と力を示している。次走については「順調にいけば東京大賞典だと思います」と指揮官。暮れの大一番でも目が離せない存在になりそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス