文字サイズ

【地方競馬】ケイティブレイブが浦和記念V2 御神本訓に乗り代わって圧勝

浦和記念V2を成し遂げたケイティブレイブ(撮影・持木克友)
3枚

 「浦和記念・Jpn2」(28日、浦和)

 開催4日目の11Rで行われ、ケイティブレイブが2016年以来、2回目の浦和記念制覇。スミヨンから南関東の名手・御神本訓に乗り代わった2番人気が、貫禄の走りでダートグレード10勝目を挙げた。2着は3番人気のアナザートゥルース、3着には4番人気のロードラッソが入った。

 ケイティブレイブは道中、好位をスムーズに追走。2周目の向正面から徐々に進出して、3角では先頭へ。直線は力強いフットワークで駆け抜け、後続に3馬身差をつけて快勝した。手綱を取った御神本訓は「代役を果たせてホッとしました。終始、手応えが良く、押し切ってくれました」と安どの表情を浮かべた。

 今春のドバイ遠征で疝痛(せんつう)を発症。今回は開腹手術明けと厳しい条件ではあったが、見事に克服してみせた。杉山師は「体調が戻るのをひたすら待ちました。状態が上がってきてからは、トレーニングにしっかり応えてくれた」と感激の面持ちだった。次走の候補として東京大賞典(12月29日・大井)が挙がっている。「さらに強くなるように、これからまた調教に励みます」と勝ってかぶとの緒を締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      注目レースプレイバック最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス