文字サイズ

【9日・園田11R 姫路カシの木特別】斤量増でもメイショウタイシの連勝機

 転入4戦目の前走で待望の園田初勝利を挙げたメイショウタイシ。A1級との混合メンバーで斤量54キロの出走となったが、好発を決めると危なげなく逃げ切り勝ち。走破時計も上々で、持ち前のスピードを発揮した。A2級同士での一戦となる今回は、一気に斤量3キロ増の57キロとなるが、この斤量はJRA在籍時に経験しており、問題はないはず。初騎乗で勝利に導いた田中学とのコンビ続行で連勝を狙う。

 ナンクルナイサーはJRA2勝級からの転入戦。1勝級を〈1201〉と4戦で卒業しており、ひと息に終わっている直近2戦は実力ではないだろう。先行力もあり、園田が向きそうなタイプだ。

 鼻出血明けとなるショージョーダは2、3走前の現級戦で連続2着。初の1230メートル戦に対応できれば当地初勝利も。発馬五分ならコントローラーにも勝機が出てきそう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      今週の注目レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス