文字サイズ

【地方競馬】リンノレジェンドが黒潮盃V ホッカイドウから唯一の参戦が快勝

 黒潮盃を制したリンノレジェンド
2枚

 「黒潮盃・S2」(14日、大井)

 開催4日目の11Rで行われ、リンノレジェンドが真夏の3歳重賞を制覇。ホッカイドウ競馬からだた1頭の参戦が、2番人気の支持に応えて先行して抜け出した。1番人気のグリードパルフェは、直線で巻き返したが2馬身2分の1差の2着。3着には4番人気のホワイトヘッドが中団から脚を伸ばした。

 暑さを吹き飛ばすような快走劇だった。ホッカイドウ競馬から参戦したリンノレジェンドが、好位から鮮やかに抜け出して重賞初制覇を決めた。

 初コンビで勝利に導いた岡部誠は「素直にうれしいです。背中が柔らかくて、とても雰囲気のある馬です」とほおを緩めた。

 危なげない競馬だった。道中は3番手を追走。手応え良く運んで直線へ。逃げるホールドユアハンドをとらえて先頭に立つと、そのまま後続の猛追を完封した。林和弘師は「追ってから、ひと伸びしてくれた。長く脚を使えるのがセールスポイント。まだ良くなると思います」と目を細めた。

 重賞タイトルを手にしたリンノレジェンド。ホッカイドウ競馬の三冠でも善戦していたように、高い素質を秘めている。今回の勝利を足掛かりに飛躍を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      注目レースプレイバック最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス