文字サイズ

【地方競馬】オールブラッシュが浦和記念V 次走は来年1月の川崎記念

 浦和記念を制したオールブラッシュ
浦和記念を制したオールブラッシュと田邊裕信騎手(右から2人目)ら
2枚2枚

 「浦和記念・Jpn2」(23日、浦和)

 開催最終日の10Rで行われ、4番人気のオールブラッシュが、2周目3角過ぎから一気にまくって圧勝した。4馬身差の2着に1番人気のグリムが粘り、3番人気のクリソライトが3着まで追い上げた。

 昨年の川崎記念を逃げ切ったオールブラッシュが、戦法をガラリ一変させて交流重賞2勝目を飾った。

 先行馬がそろったメンバー構成で道中は中団に待機。2周目の向正面で外めを一気に仕掛け、主導権を取っていたグリムを3角過ぎで一気に捕らえると、後はもう独壇場だった。

 殊勲の田辺は「今年に入って乗せてもらうようになって、馬の癖がつかめてきての結果。今日は先行馬が多くて、この馬の力の出し方を考えていた」と作戦成功に満面の笑み。管理する村山師も「田辺君が絶妙なタイミングで仕掛けてくれた」と鞍上を絶賛した。

 今後については「秋になって使い込んでいるので、年内はゆっくりさせる」と村山師。年末の東京大賞典はスキップして、年明けの川崎記念(2019年1月30日・川崎)で2回目の制覇を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス