文字サイズ

【玉野競輪】復帰初戦の竜門孝宗が2着で波乱の一端を担う

 「ミッドナイト競輪チャリロト杯・F2」(8日、玉野)

 約3カ月ぶりの実戦で2着に食い込んだ竜門孝宗(33)=兵庫・95期・A3=が高配当の一端を担った。

 復帰初戦となった初日1Rは目標不在の一戦だったが、初手は6番手で周回。打鐘3番手から先行策に出た須永勝太(福島)ライン後位を追走。人気を集めた永田秀佑(長崎)のまくりは不発となり、須永が逃げ切って1着。

 竜門は伊藤マークの木村譲(神奈川)を直線でかわして2着でゴール。2連単は2万円台、3連単で7万円超の波乱決着を演出した。今シリーズが7月函館F2以来の出走だったが、不安のないことをいきなりアピールした形となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      玉野ミッドナイト競輪特集最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ミッドナイト競輪)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス