文字サイズ

【高松競輪】吉岡詩織が初日6Rで好走 出稽古の成果にニッコリ

 「CTC杯&ガールズケイリン・F1」(7日、高松)

 吉岡詩織(26)=広島・116期・L1=は、昨年10月の武雄以来となる優勝を目指しての参戦だ。初日6Rは打鐘4角最後方からカマして主導権を奪取。最後は石井貴子(千葉)にかわされたが、2着の好走を見せた。

 前場所の松阪から約1カ月ぶりのレースだが、その間はしっかりとトレーニングを積んできた。地元の広島を中心に防府にも練習に出向いた。「練習に来ていた西島叶子さん(熊本)とやったのはいい刺激になりました」と充実した時間を送った。

 また、同県のS級S班・松浦悠士からもアドバイスを受けている。「1つのことを相談したら100返ってくる感じです」と競輪界のトップからも日々、意欲的に学んでいる。

 しっかりと先行して、好感触をつかんで臨む2日目。再度、積極的に仕掛けてファイナルに進む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    高松競輪特集最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス