文字サイズ

【松山競輪】近況好調の福永大智が積極的に動いて2回目のS級優勝を目指す

 「桃太郎杯争奪戦・F1」(4日開幕、松山)

 S級の予選組では、福永大智(22)=大阪・113期・S2=が、虎視たんたんとV獲りを狙っている。

 昨年7月、S級に昇級して8月の松阪F1では決勝5着。その後は苦戦が続いた。

 しかし、今年に入ると2月の向日町F1でS級初優勝。3月の大垣G3では2勝を挙げる活躍。さらに4月の四日市G3の2次予選では、最終ホームから先行した松浦悠士(広島)-香川雄介(香川)にしぶとく食い下がって3着。準決に勝ち上がる奮闘を見せた。

 前場所の岐阜F1では、落車のアクシデントがあった。「ケガはなかったんですが…。中途半端なレースをして落車につながった」と振り返る。万全の状態ではないが、勝負度胸と機動力は一級品。積極的に動いて2回目のS級優勝を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    松山競輪特集最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス