文字サイズ

【高松宮記念杯】三谷竜生が差し切ってG1連続優勝 早くも今年の獲得賞金は1億円突破

高松宮記念杯競輪で優勝して選手仲間から胴上げされる三谷竜生
浅尾美和(左)との記念撮影で笑顔を見せる三谷竜生=岸和田競輪場(撮影・佐藤厚)
2枚2枚

 「高松宮記念杯競輪・G1」(17日、岸和田)

 最終日12Rで決勝戦が行われ、三谷竜生(30)=奈良・101期・SS=が直線で鋭脚を発揮して1着。5月の日本選手権(平塚)から連続、通算3回目のG1優勝を飾り、賞金2890万円(副賞含む)を獲得。今年の賞金は早くも1億円を超えた。打鐘前からカマした脇本雄太(福井)は、直線で粘ったものの、三谷に1/2車輪かわされて2着。最終2角からまくり上げた原田研太朗(徳島)が3着に入った。

 ヒーローの三谷竜は「ゴール線を1着で通過できたのは分かりました。緊張したけど、その中で結果を出せたことは良かったです。びわこ競輪(滋賀県大津市=2011年3月廃止)があるときは練習していたので、父(典正さん=49期・引退)に優勝を伝えたいです」と喜びを語った。

注目選手

岸和田競輪イベントガイド

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス