文字サイズ

【中国地区】取鳥雄吾

向日町G3
1枚拡大

「平安賞・G3」(9月3日開幕、向日町)

 取鳥雄吾(25)=岡山・107期・S1=が今年好調だ。3月の松戸F1で2年4カ月ぶりの優勝を飾ると、6月の玉野F1、7月の高松F1も制して、今年V3と乗れている。直前のG1・オールスター(名古屋)は1次予選4着で敗退、2日目も9着と、あと1走で“お帰りコース”だったが、3日目の一般で2着。欠場者が多く出たため、4日目も走れることになり、一般で1着。3、4日目は2走とも岩津裕介(岡山)とワンツー。最終日を待たずに帰郷となったが、気分よく名古屋を後にできただろう。

 今回の舞台は向日町。取鳥は2018年に2回、F1に出走しているだけだが、2回とも決勝に進出できている。中四国勢は向日町G3と相性が良く、67周年(17年)の小倉竜二(徳島)、国際自転車トラック競技支援(16年)の才迫開(広島)、54周年(04年)の佐々木則幸(高知)が優勝を飾っている。この顔ぶれに取鳥が入ってもおかしくない。いい状態で向日町に乗り込んでくるだけに、G3初優勝へ初日から果敢に仕掛けそうだ。

注目選手

向日町競輪イベントガイド

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    向日町競輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス