文字サイズ

【近畿地区】稲垣裕之

1枚拡大

 2年前の覇者である稲垣裕之(41)=京都・86期・S1。2年目のS級S班として迎えた昨年は1年を通して不完全燃焼に終わり、優勝はなし。地元記念では決勝に勝ち進んだものの、太田竜馬(徳島)を先頭に逃げる四国ラインを相手に中団4番手からまくりを放ったが、思うように車が進まず5着。四国勢に上位独占を許す苦い結果に終わった。

 3年連続のS班を逃し、今年もG3やG1で決勝の舞台を逃すなど苦戦が続き、現在の賞金ランキングでも48位(9月7日時点)とKEIRINグランプリ出場の切符には厳しい位置に立たされている。

 ただ、2年前の地元記念を制した時は、その波に乗り、G1・寛仁親王牌(前橋)で涙の特別競輪初制覇を成し遂げた。苦境に立たされた今こそ、2年ぶりの地元記念を制覇して再び上昇気流に乗って勢いを付けたいところ。ファンの声援も味方に逆襲を誓う稲垣の走りに要注目だ。

注目選手

向日町競輪・平安賞・G3イベントガイド

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    向日町競輪・平安賞・G3最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス