文字サイズ

【向日町G3】皿屋豊が持ち味を発揮して上位独占を目指す

 「平安賞・G3」(3日開幕、向日町)

 市役所職員から競輪選手へ転身した皿屋豊(37)=三重・111期・S2=が思い入れのあるバンクで快走を見せる。

 30歳を超えてからのデビューとなったが、在校時代から磨いてきた先行力を武器に頭角を現し、8月にはオールスター(名古屋)でG1初出場。1着こそなかったが、4走して3回バックを取るなど、持ち味を発揮して激走を見せた。

 直前の福井F1では準決勝で敗退し「時間を巻き戻したいくらい」と敗戦を悔やんだが「体調面での疲労感もあった」と敗因を分析。「今回は大丈夫」としっかり修正して臨む。

 向日町はプロとしては初出走だが「アマチュアの時に1キロメートルタイムトライアルとかを走って、競技を学んだバンク。プロになるきっかけになった」と当所への思い入れは強い。初日3Rは近藤龍徳(愛知)-竹田和幸(岐阜)が後位を固める3車ライン。積極的に風を切り、ラインで上位独占を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    G3・平安賞(向日町競輪)最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス