文字サイズ

デゼルは武豊とのコンビ復活でローズSへ

 「有力馬次走報」(3日)

 ◆オークス11着のデゼル(牝3歳、栗東・友道)は、3月の未勝利戦で騎乗している武豊とのコンビ復活でローズS(20日・中京、芝2000メートル)に向かうことになった。

 ◆7月26日の1勝クラス(新潟)を制して2勝目を挙げたシャレード(牝3歳、栗東・藤原英)は、戸崎圭との新コンビでローズSへ。

 ◆22日の札幌日刊S杯を勝ったゴースト(セン4歳、栗東・橋口)は、格上挑戦でアルゼンチン共和国杯(11月8日・東京、芝2500メートル)を目標にする。

 ◆森田勢の動向。キーンランドC7着のダイメイフジ(牡6歳、栗東・森田)と、僚馬で北九州記念13着のダイメイプリンセス(牝7歳)は、スプリンターズS(10月4日・中山、芝1200メートル)を視野に。北九州記念16着のラブカンプー(牝5歳)は、斎藤とのコンビでセントウルS(13日・中京、芝1200メートル)へ。

 ◆アイビスSDの覇者で北九州記念7着のジョーカナチャン(牝5歳、栗東・松下)は放牧を挟み、京阪杯(11月29日・阪神、芝1200メートル)を視野に。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    有力馬次走報最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス