文字サイズ

【スプリンターズS馬体診断】ミスターメロディ

 「スプリンターズS・G1」(4日・中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ミスターメロディ B】

 相変わらず肩の筋肉の輪郭がはっきりとしている特徴的な体つき。昨年のスプリンターズS(4着)当時と比べると、トモの大腿二頭様筋(だいたいにとうようきん)と半腱半膜様筋(はんけんはんまくようきん)の間の溝が深くなり、筋肉に成長の跡がうかがえる。

 安田記念(11着)では余裕残しの馬体だったため、休み明けのセントウルS(3着)では10キロ減の馬体重。今回はさらに馬体が引き締まって張りも出てきた。500キロ近い大型馬が、馬体を小さく見せているのにも好感が持てる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東芝で5F71秒5-38秒1-12秒0(馬なり)。馬任せに終始したが、キビキビと活気十分の動き。出来は高いレベルで安定している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス