文字サイズ

【スプリンターズS馬体診断】グランアレグリア

 「スプリンターズS・G1」(4日・中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【グランアレグリア A】

 安田記念の492キロから、また一段と体が大きくなった印象を受ける。研ぎ澄まされた前走に比べると、現時点では腹回りに若干の余裕はあるが、見栄えは上品。今週の1本で締まることは計算済みだ。

 正方形に近い全体的なバランスは前走よりも高松宮記念時に似ており、おそらくスプリント仕様に仕上げているのだろう。首回り、肩の厚みは鍛え上げられ、積み重ねられた質のいい筋肉。キリッとした表情は前回と同じで、走る気がみなぎっている。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒0-39秒0-12秒7(馬なり)。内からスッと並ぶと回転ピッチが上がる。並んだ外の馬に勢いがあったが、無理せずリズムを重視。最後までブレのない走りで真っすぐ伸び切った。入念な乗り込みで、馬体、息もOK。順調な仕上がりを見せる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス