文字サイズ

【宝塚記念馬体診断】ワグネリアン

 「宝塚記念・G1」(28日・阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の竹原伸介(栗東)、佐野裕樹(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ワグネリアン B評価】

 4カ月半ぶりの大阪杯(5着)では、仕上がりの良さが目を引いていた。今回も約3カ月ぶりだが、いつも通りの馬体の張りをしているし、前腕部と下腿(かたい)の血管が浮き出て見えることも同じだ。

 ただ、肩の筋肉量が増えて輪郭がはっきりしたこととトモに丸みが出たことは馬体的にはプラスだが、以前に比べると若干、トモ高の体形になったように見える。もちろん写真を写した角度や高さによる誤差の可能性もあるが、この点は気がかり。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで5F63秒9-36秒5-11秒8(馬なり)。アンコールプリュ(5歳オープン)を0秒9追走して併入した。間隔はあいたが、ここまでは9本の追い切りを消化。しっかりと乗り込まれて、太め感なく仕上がっている。ひと追いごとに動きに素軽さが増しており、今週のひと追いで態勢は万全になるだろう。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス