文字サイズ

【オークス馬体診断】クラヴァシュドール

 「オークス・G1」(24日・東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の吉田順一(栗東)、石堂道生(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【クラヴァシュドール 評価C】

 チューリップ賞、桜花賞ともに1週前の段階ではトモのボリュームは満点。とりわけチューリップ賞は桜花賞が楽しみになるぐらいの調整過程を踏んでいると判断したが、当日のパドックでは4キロ減でしぼんだ印象を受けた。

 それは桜花賞も同じだったが、今回は今にでも使いたいぐらいのスラッとしたシルエット。週末と当週追いの上、東京競馬場までの長距離輸送を踏まえれば、馬体の維持をすることが最大のテーマとなりそうだ。調整過程を踏まえても、桜花賞の反動は多少なりともあった印象。前走時よりは評価を下げたい。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に、栗東CWで6F82秒9-38秒4-11秒7(馬なり)。フリークアウト(3歳未勝利)を0秒6追走して0秒1先着、ルモンド(4歳1勝クラス)を1秒1追走して併入した。素軽いフットワークでラストまで余力十分の動き。最後は自らハミを取り、しっかりと伸びてきた。気配落ちも見られず、状態は安定している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス