文字サイズ

【オークス馬体診断】マルターズディオサ

 「オークス・G1」(24日・東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の吉田順一(栗東)、石堂道生(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【マルターズディオサ 評価B】

 申し分ない気配に映った前回の桜花賞と比較して体の輪郭は大きく変わらず。お腹回りはふっくらとしたつくりで今回もトモからお尻に力強さがあり、横の立ち姿では実際の数字以上に大きく見せている。ほどよいバランスの体形で距離の融通性は感じられるが、本質的には瞬発力を生かしたいタイプ。ペースが流れた際の対応が鍵となりそうだ。前走は極度の重馬場で最後は完全にストップしたように、道悪に尽きる一戦だった。良馬場での決戦が望まれる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉田辺を背に美浦Wで5F66秒9-38秒5-12秒4(馬なり)。3頭併せの真ん中から、グイグイと抜け出せる勢い。最後は外のインターミッション(3歳オープン)に1馬身ほど遅れたが、ゴール前は無理しなかっただけ。手応え、走りには余裕があった。馬体もふっくらと見せており、出来落ちはない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス