文字サイズ

【オークス馬体診断】デアリングタクト

 「オークス・G1」(24日・東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の吉田順一(栗東)、石堂道生(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【デアリングタクト 評価A】

 桜花賞時は臀部(でんぶ)のへこみから仕上がり途上と判断して評価を下げたが、当日のパドックを見ると何ら問題なし。この時季の牝馬は、週末と当週の調整次第でトモのボリュームは変化することを再認識させられた。

 今回も前走時同様にしっかりとアバラを見せ、豊富な筋肉量で見栄えのするシルエット。また臀部の膨らみも前走時より上。道悪で行われた桜花賞の疲れや反動が出ている馬もチラホラいるが、当馬の体を見る限りダメージは少なかったようだ。凜(りん)としたたたずまいで心身のバランスも整っており、あとは未知である高速馬場への対応だけだ。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉松山を背に栗東CWで6F84秒4-37秒9-11秒6(仕掛け)。テンをゆったりと入ったため全体時計は目立たないが、3Fから加速するとスピード感満点の走り。追われてからの反応もシャープで、活気あふれる動きを披露した。3連勝で桜花賞を制した勢いは衰えていない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス