文字サイズ

【ヴィクトリアマイル馬体診断】アーモンドアイ

 「ヴィクトリアマイル・G1」(17日・東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の竹原伸介(栗東)、佐野裕樹(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【アーモンドアイ S】有馬記念とほぼ同じシルエット。しいて挙げるなら、アバラがうっすらと浮いた前回より、多少腹回りがふっくらとしているぐらい。肩回りの筋肉はこれ以上ないほど盛り上がり、無駄な脂肪は一切なし。背腰も張った状態に加えて、弾力性のあるトモの張り。強力なキックを繰り出す筋力が、全く落ちていない。きれいな長方形に仕上がり、薄い皮膚感も代謝が上がった証拠。もう変化を臨むのは酷。完成されている。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉三浦を背に美浦Wで5F65秒2-36秒6-12秒0(馬なり)。僚馬2頭を大きく追走して内に潜ったが、脚力の違いであっさりと抜け出して余裕の先着。体がしっかりと伸びて、フォームのバネも抜群。態勢に隙はない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス