文字サイズ

【有馬記念馬体診断】フィエールマン

 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【フィエールマン 評価C】

 天皇賞・春、札幌記念とは明らかに違うスタイル。特に腹回りが重々しく、全体的に厚ぼったいつくり。凱旋門賞後に緩めた馬体が、戻り切っていない印象だ。

 現時点ではもう1本追えるが、好調時の出来に持っていけるかは微妙だろう。絞りづらい時季でもあり、評価を下げた。

(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉池添を背に美浦Wで6F82秒6-38秒3-12秒5(仕掛け)。持ったままのセダブリランテス(5歳オープン)とは対照的に、最後は手応え、脚勢とも甘くなってしまったが、長めから意欲的に併せたことを考えれば及第点。この1本でどこまで絞れてくるか。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス