文字サイズ

【有馬記念馬体診断】サートゥルナーリア

 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【サートゥルナーリア 評価B】

 前走の天皇賞・秋(6着)では前半で行きたがってしまい、この馬らしい爆発力のある末脚が見られなかった。首を立てて遠くをうかがうような顔つきからは、もう一段階の気性の成長が待たれる。

 前走時に比べると毛ヅヤが物足りないが、時季的に光量が不足しているだけで心配はいらない。馬体の張りは前走時と同様で、肩の筋肉の質感も薄れていない。前走はデビュー以来最高馬体重の502キロだったが、馬体を小さく見せているのは何よりで状態は良好だ。

(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉スミヨンを背に栗東CWで5F69秒6-39秒2-11秒6(馬なり)。ゆったりとしたペースでもしっかりと折り合いがつき、ラストの脚さばきも勢い満点。併せた2頭に半馬身先着した。鞍上と息が合った攻め内容で、心身ともにコンディションはいい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス