文字サイズ

【有馬記念馬体診断】スワーヴリチャード

 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【スワーヴリチャード 評価C】

 前走のジャパンCで、1年8カ月ぶりに2度目のG1制覇を飾った。今季はG1を3連戦するローテーションが組まれており、疲労の蓄積が心配だったが、顔つきには落ち着きがあって問題はなさそう。前走時にこぢんまりと見えていた馬体は迫力を取り戻しており、重厚感も出てきた点はいい傾向だ。

 ただ、馬体に張りはあるものの、肩や下腿(かたい)の筋肉は段差が分かりづらい。肩や前腕、下腿(かたい)の血管も以前と比べると浮き出て見えない。恐らく皮膚が厚いのが原因で、もうひと絞りできそうな体つきだ。

(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉マーフィーを背に栗東坂路で4F50秒1-36秒9-12秒2(仕掛け)。アルテヴェルト(3歳1勝クラス)に1秒1先着。テンから好ラップを刻んでスムーズに加速。追われてからも力強く伸びた。好調を堅持している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス