文字サイズ

【朝日杯FS馬体診断】サリオス

 「朝日杯FS・G1」(15日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【サリオス 評価A】

 腹袋が大きくコロンとしており、初戦、2戦目と同様にボテッと映るのは体形的なもの。緩い中にも張りが感じられるのが特徴的で、肌の質がいい。さまざまな部位が大きめで、太い首差しと古馬顔負けのトモのボリューム感。前肢の迫力も素晴らしく、落ち着きのある表情からも既に完成されている雰囲気すらある。

 前走のサウジアラビアRCは直線の攻防でいったんは2着馬に劣勢の体勢に映ったが、エンジンが点火するとグンと加速してV。マイルで連勝も、馬体からは距離延長も臨むところで、規格外のスケールの持ち主。何ら問題のない仕上がり。

(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F81秒6-37秒8-12秒9(馬なり)。6F追いを繰り返す熱心な攻め過程。今週も2頭を追走したが、内からスッと並ぶと、持ったまま矢のような伸び脚。重心がしっかりと沈むフォームは迫力満点。馬体の緩みも一切なく、完璧な仕上がり。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス