文字サイズ

【朝日杯FS馬体診断】レッドベルジュール

 「朝日杯FS・G1」(15日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【レッドベルジュール 評価B】

 首差しが短めで背中が短くトモ高。細くて長い脚に見合った細身のシルエットだ。前走の28キロ増は、余分な脂肪がなく全てが成長分。ただ、トモの股あたりはもう少し膨らんで欲しいところだ。まだ腰に甘さがあり、トモがそろった走りでスタートが決まらないのは致し方がないところ。

 つなぎは長めで立ち気味。前走は荒れていたラチ沿いからしっかりと脚を伸ばして勝ち上がったが、姿形や脚元からすれば高速馬場の阪神は歓迎だ。まだ目つきが幼いものの、今回の舞台では評価を上げたい一頭だ。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉岩田望(レースはスミヨン)を背に栗東CWで4F51秒5-37秒2-11秒9(一杯)。ディープサドラーズ(3歳1勝クラス)に1馬身先着した。俊敏な身のこなしで、ゴール前の反応も目を引くもの。非常にいい雰囲気を保てている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス