文字サイズ

【朝日杯FS馬体診断】タイセイビジョン

 「朝日杯FS・G1」(15日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【タイセイビジョン 評価A】

 父タートルボウルの代表産駒と言えば小倉大賞典をレコードで勝ち上がったトリオンフ。同馬も胴長+脚長のシルエットだ。気性面を踏まえて現状は千四以下で結果を残しているが、武豊騎手が騎乗した1週前ではハミ受けもスムーズでブレのない走り。気性面は確実に成長している。

 立ち気味+長めのつなぎでフットワークも大きめ。広いコースのマイル戦は、折り合い面を抜きにすれば間違いなくプラスに働く見立てだ。毛ヅヤが良くトモの丸みも申し分なし。週末と来週で股も膨らめば文句なし。いい状態で挑めそうだ。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉武豊を背に坂路で4F52秒7-38秒4-12秒0(G強め)。イペルラーニオ(4歳3勝クラス)との併せ馬で2馬身半先着した。力強い脚さばきでグイグイと登坂。追われてからもしっかり伸びている。好調をキープ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス