文字サイズ

【阪神JF馬体診断】レシステンシア

 「阪神JF・G1」(8日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【レシステンシア 評価B】

 首差しがスラッとして胴長+脚長のシルエット。キ甲(※1)が抜け気味で少しトモ高の体形。つなぎの角度も適正でクッション性も十分。ダイワメジャー産駒っぽくないところが多い。

 ただ、骨量が豊かで筋肉質な点は父譲りか。また回転は速めながらも、ストライドが伸びるあたりは素質の高さだろう。前向きな気性や馬体面などから脚質不問な印象は残るが、父同様に少し口が硬くて頭の高い走法。前走のように前で受ける形がベストかもしれない。あばらをうっすらと見せ、トモの丸みは十分。好状態を維持している。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒7-37秒4-11秒9(一杯)。テンから意欲的に運んで、ラストまでしっかりと伸びた。好調キープ。

 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス