文字サイズ

【阪神JF馬体診断】ロータスランド

 「阪神JF・G1」(8日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ロータスランド 評価C】

 首差しが短めで、やや寸の詰まったシルエット。前腕のボリュームが目立ち、前が強い体形だ。肩の角度が立ち気味のため、ストライドは伸びないが、回転の速いピッチ走法で上質のスピードを生み出している。

 新馬のマイル戦で結果を残したが、本質的には芝、ダートを問わずにスプリント戦がベストの印象。立ち気味のつなぎ+破折(※1)気味の脚元からすれば、力のいる設定の方がパフォーマンスは上がりそう。高速馬場でマイルの距離をこなしたいところだが、硬さが残るため、高速馬場への適性に一抹の不安は残る。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで5F71秒1-39秒3-11秒8(一杯)。併せた古馬の真ん中から鋭い末脚で抜け出し1秒近く先着。相手2頭が馬なりとはいえ、ひと追いごとに差を広げる姿は迫力満点だった。気合乗りも上々で、文句なしの状態。

 (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス