文字サイズ

【ジャパンC馬体診断】スワーヴリチャード

 「ジャパンC・G1」(24日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【スワーヴリチャード 評価C】

 4カ月ぶりの天皇賞・秋(7着)で馬体は仕上がっていたため、大きな変化は見られない。それでも、顔つきに落ち着きが出てきたのは叩かれた効果だろう。肩や前腕、下腿(かたい)に浮き出た血管も通常通りで、皮膚の薄さは十分だ。

 ただ、肩や下腿の筋肉量は落ちていないものの、やや馬体がこぢんまりしているように感じる。これは前走時と同様で、以前の重厚感ある迫力十分の馬体とは言えない。この馬が一番良く見えたのは宝塚記念(3着)の馬体で、当時と比較すると物足りない印象だ。残りの1週間で、どこまで迫力が増してくるかがポイントになる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉マーフィーを背に栗東坂路で4F52秒0-37秒7-12秒0(一杯)。グランドデューク(2歳1勝クラス)に1秒5先着。ひと叩きされて、動きにいい頃の力強さが戻ってきた。好気配。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス