文字サイズ

【ジャパンC馬体診断】レイデオロ

 「ジャパンC・G1」(24日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【レイデオロ 評価B】

 ドバイ遠征後は休みを挟みつつ2戦。難しい調整のなかでも馬体は張って、体重も変わらない。それでも前走に比べるとトモが大きく映るのは、実戦を使った効果だろう。

 後肢に比べてやや短めの前肢だが、肩や胸前の厚みでカバー。立派な首差しは健在で、背、腰もシャキッとしており、既に出走態勢は整っている。あとは当日のテンションだけ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉五十嵐(レースはビュイック)を背に美浦Wで5F68秒9-40秒4-13秒2(馬なり)。前を走る僚馬を見ながら終始、余裕を持った走り。直線はスッと内に潜ると、持ったままの手応えで真っすぐ伸び切った。馬体の緩みもなく、既に態勢は整っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス