文字サイズ

【マイルCS馬体診断】ダイアトニック

 「マイルCS・G1」(17日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ダイアトニック 評価B】

 前哨戦のスワンSで重賞初制覇を飾り、勢いに乗っている上がり馬。5カ月ぶりだった前走で仕上がっていたため、休み明けを激走した反動はなさそう。馬体に張りがあり毛ヅヤも上々で、ひと叩きされて状態は上向きだ。

 春当時と比較しても、トモの筋肉量が増してパワーアップしてきた印象がある。ただ純粋なマイラーと比較すると、胴が若干短くトモ高の体形をしている。1200~1600メートルが守備範囲だが、ベストは1400メートルと思える。その分、B評価としたが、状態自体は申し分ない。

(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F51秒7-37秒7-12秒2(馬なり)。終始楽な手応えで運び、素軽さ十分のフットワーク。馬体の張りも目立ち、気配は良好だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス