文字サイズ

【マイルCS馬体診断】ペルシアンナイト

 「マイルCS・G1」(19日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ペルシアンナイト 評価B】

 ダービー当時に比べると、全体的に筋肉量が増えてがっちりとした体形になってきた印象。前走の富士Sでは首が長く見えていたが、今回はそのアンバランスさが解消してマイラー体形に近づいてきた。

 前駆にさらに筋肉がついてくると、この馬の完成形となりそうだが、逆に言えばまだ成長の余地があるということ。それでも皮膚の質感は十分で、毛ヅヤも前走時より良化している。約5カ月ぶりをひと叩きされた効果は十分にある。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒3-37秒4-11秒6(G一杯)。プロフェット(4歳1600万下)を0秒4追走して0秒1先着。引き続き落ち着いたテンションを維持しており、大目標へ向けて青写真通り仕上がっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス