文字サイズ

清水さくら 胸のハートがお気に入り

 競馬の勝負服をデザインしたウエアでピットを駆け回る清水さくら
1枚拡大

 【第6回】清水さくら(21)=愛知・117期=

 デビュー期に蒲郡のピットで会った時は、緊張感がこちらにも伝わっていた清水。しかし、1年ぶりに会うと、てきぱきとピット作業をこなし、堂々とした姿を見せていた。

 そんな彼女がピットで愛用しているのが、愛知競馬所属の女性ジョッキー・木之前葵の勝負服をデザインしたウエア。「とこなめボートで同期の深見(亜由美)さんと、後輩の中北(涼)さんが、木之前さんとトークショーをやって仲良くなり、その時に勝負服を作ったみたいです。すごくかわいいので自分も便乗して作ってもらいました。胸のハートマークがいいですよね」とすぐにお気に入りのアイテムとなったようだ。

 木之前騎手とは今も交流があり「連絡先を交換して、笠松競馬場に応援に行って一緒に食事をしました。ジョッキーって、ものすごく朝が早いんですね」とボートとは違う生活に驚いたようだ。

 もともと動物が好きで小学3年生から乗馬を始め、高校時代にはインターハイに出場経験もある。「乗馬は家族みんながやっているんです。この間、先輩の河村(了)さんに栗東トレーニングセンターの乗馬苑に連れていってもらい2年ぶりに馬に乗りました」。それでも久々の乗馬体験に「やっぱり動物はいいですね。ボートの方で余裕ができたらまた乗馬を始めたい。そのためにはもっと練習して成績が上がるように頑張ります」と奮起を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ワタシのマル秘アイテム最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス