文字サイズ

【ボート】史上初!平本推薦枠出場でV

 優勝して記念撮影に応じる平本真之(中央)とプレゼンターの清水宏保(左)、すみれ(右)=撮影・森田新吾
1枚拡大

 「ボートレースオールスター・SG」(29日、尼崎)

 断然人気を背負った1号艇の平本真之(32)=愛知・A1・96期=がイン先マイを決めてオールスター初制覇を飾り、優勝賞金3500万円を獲得した。委員会推薦枠からの優勝者はオールスター史上初めて。SG制覇は14年12月のグランプリシリーズ戦(平和島)以来、2回目。2、3着は重成一人、峰竜太だった。

 推薦枠での出場から優勝というオールスター初の快挙で、平本が大仕事をやってのけた。グランプリシリーズ戦の優勝から1年半。“真のSGウイナー”となった。

 全艇オールスローでの進入。コンマ10のSを決めたものの、1Mでは舟が浮いて岡崎のまくり差しを許したかに見えたが、持ちこたえた。同じ優勝戦1号艇だった11年6月のグランドチャンピオン(児島)ではS遅れで6着大敗。「あの頃よりは成長できていた。自信をつけていけた」と自身の進歩を実感する。

 昨年は2月にG1東海地区選、3月とこなめG1周年を制して順調に滑り出したが、それ以降はリズムが下降。10月には浜名湖で転覆して左手骨折の負傷で、焦りも目立っていた。「今年は気持ちで挑みたい。集中してSGに来れている」。強い気持ちは、早くも結果に表れた。

 賞金ランクも2位に浮上して、年末のグランプリも視野に入ってきた。「まだグランプリとかは見据えていない。それよりも地元のグラチャン(6月21~26日・蒲郡)が先」。今回はファン投票ではなく、委員会推薦での出場だったが、感情豊かに喜びを表現するニューヒーローは、ファンのハートをがっちりつかんだのは間違いない。まずは、1カ月後に迫る地元でのSGに全力投球する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ボートレース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス