文字サイズ

【ボート】坪井7年4カ月ぶりSG優勝

 クラシックを制した坪井康晴。左はスキージャンプの船木和喜、右はプロレスラーの蝶野正洋
1枚拡大

 「ボートレースクラシック・SG」(21日、平和島)

 1号艇の坪井康晴(38)=静岡・82期・A1=が逃げて完勝。SG優勝は08年11月浜名湖チャレンジカップ以来、7年4カ月ぶりで通算3回目。優勝賞金3500万円を獲得して、生涯獲得賞金が10億円を突破した。2着は2コースに入った深川真二、3着は地元の中野次郎だった。

 強力エンジン、別名“鉄人28号”を完璧に操縦した坪井が、7年4カ月ぶりにSGウイナーに輝いた。「本当に久しぶりだったので、今までの優勝と違ううれしさがあった。また獲ることができてうれしかった」と、久々のSG優勝の味をかみしめる。

 進入がもつれた。4号艇の深川がピット離れで遅れ、回り込んで2コースへ。1423・56となって、深い起こし位置となったが、動じることはなかった。コンマ16のSを決めて、あっさり1M先マイ。全く危なげのない完勝劇だった。「まい上がらず、自分をコントロールできた。足は自信があったので、ミスしないことだけを心掛けた」。エンジンパワーはもちろんだが、精神的にも成長できたことを実感する。

 今年のSG開幕戦を制し、その視線は早くも年末のグランプリ(12月20~25日・住之江)を見据えている。昨年は3年ぶりに参戦したが、ファーストステージで敗退した。「(アドバンテージがある)6人に入らないと意味がない」と語気を強める。09年のグランプリ優勝戦1号艇で6着に敗れた悔しさは忘れていない。円熟味を加え、新たな勲章を得た坪井が、悲願へ向けて突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ボートレース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス