文字サイズ

【レパードS】香港の名手ホー カフジオクタゴンでJRA重賞初Vだ 時差ボケも解消

 「レパードS・G3」(7日、新潟)

 短期免許を取得して初来日。先週の新潟から騎乗をスタートさせ、7月30日の12R(カゼノタニノアヤカ)でJRA初勝利を飾った香港の名手チャクイウ・ホー騎手(32)=香港=が、レパードSでJRA重賞初制覇を目指す。

 「日本はスタートからペースが落ち着かないというか、常に速い。スタートからオンというのが新たな印象です。それに、新潟のダートは他国と比べても砂が深かったですね」と先週を振り返ったが、もちろん1勝だけでは満足していない。

 レパードSでは前走の鷹取特別で古馬を撃破したカフジオクタゴンとタッグを組む。水曜の追い切りで初コンタクトを取ると、「まだ馬体に余裕がある感じでしたが、輸送を控えていますし、あの形(馬なり)で。力強い動きだったのは間違いないですよ」と好感触を得たようだ。

 昨年の香港クイーンエリザベス2世Cでは、矢作厩舎のラヴズオンリーユーとコンビを組んでG1タイトルを獲得。「カフジオクタゴンも矢作厩舎ですからね。今週の追い切りの動きとレースがかみ合えば」と期待を膨らませる。

 今週も栗東トレセンで意欲的に調教に騎乗した。「日本は暑いことは暑いですが、それ以上に先週は(自分自身の)時差ボケがありました。今週の方が体調はいい」と万全を強調。今週末のさらなる活躍を誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス