文字サイズ

【宝塚記念】パンサラッサ ドバイより状態UP ラスト手前変えてさらにもうひと伸び

 「宝塚記念・G1」(26日、阪神)

 ドバイターフ覇者のパンサラッサは22日、栗東坂路へ。馬なりのまま、うなるような手応えで猛然と登坂。ラスト100メートル付近で手前を変えるともうひと伸びし、4F51秒7-36秒8-12秒0の好時計をマークした。

 単走だったが、仕上がりの良さを見せつけるには十分。見届けた矢作師は「いい状態で帰厩して、そこからも至極順調。指示以上の時計が出たし、ドバイの時よりも具合はさらに上がっているように感じました。状態に関しては保証できます」と太鼓判を押した。

 ハイペースの大逃げが売りで、気になるのは同型馬タイトルホルダーの存在だ。それでも、「いずれにしても行くしかない。こちらは挑戦者なので、自分の競馬に徹したい」と指揮官は力強い。機先を制して国内G1初勝利を目指す。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス