文字サイズ

【宝塚記念】タイトルホルダー超軽快 良化一途のV候補!狙うG1・3勝目

 「宝塚記念・G1」(26日、阪神)

 ファン投票1位のタイトルホルダーが、美浦Wで素軽い動きを披露した。7馬身差の圧勝を決めた天皇賞・春から臨戦する今回、90年オグリキャップを上回る過去最多19万1394票の支持を背に、再び圧巻の走りでG1・3勝目を狙う。

 22日は美浦Wでアムールマルルー(4歳1勝クラス)と併せて首差先着。3馬身追走する形でスタートし、道中は折り合いに専念。4角を回ってから徐々にその差を詰め、最後まで余裕の手応えのまま軽快に駆け抜けた。

 ◆横山和生騎手   

 -天皇賞・春は7馬身差の圧勝だった。

 「タイトルホルダーと一緒にリズム良く、仲良く走ろうと決めていました。その通りの競馬ができました」

 -2週続けて追い切りに騎乗。感触は。

 「先週もいいなと思ったけど、今週はもっと良くなりました。走りのリズム、走っている姿勢はすごく良かったです。不安はなくレースを迎えられそうです」

 -舞台は阪神芝2200メートル戦になる。

 「阪神コースはいい成績を残しているし、距離は前走から一気に短縮するけど、大丈夫だと思っています」

 -今回は同じ逃げ馬のパンサラッサがいる。

 「いつかはタイトルホルダーがそういう場面に出くわすと思っていました。ただ、今のタイトルホルダーだったらこなしてくれると思います」

 ◆栗田徹調教師   

 -4歳になってから2戦2勝。

 「放牧から帰ってくるごとに精神面、肉体面のバランスが取れてきて、調教でもそのような様子がうかがえます。調整はしやすくなっています」

 -レースに向けて。

 「距離短縮やメンバー構成、相手関係もかなり強化される。この馬にとって越えなければならないハードルになると思います」

 -メンバー構成でいうと同型の存在がいる。

 「逃げて勝ってますけど、絶対に逃げなければならない馬ではありません。馬のリズムはジョッキーがつかんでくれているので、そこはジョッキーにお任せします」

 -強いメンバーがそろった。

 「どの馬も力はあると思っています。エフフォーリアとは3回戦って3回とも力の差を見せつけられているけど、この馬も春に2戦して順調に来ています。成長した姿でどこまで詰められるかと考えています」

 -意気込みを。

 「ファン投票1位ということで責任を感じています。越えなければならないハードルもありますけど、この馬の力を信じて、最善の状態でレースに送り出してあげたいですね」

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス