文字サイズ

ソダシ“初時計”体も大きく 須貝師「いい雰囲気」「次走については未定」

 21年度の最優秀3歳牝馬に輝いたソダシが13日、栗東CWで実質的な初時計をマーク。21年のチャンピオンズC12着からの巻き返しへ向けて本格的に始動した。

 僚馬シウン(3歳未勝利)を相手に2馬身追走し、最後は馬なりで首差先着。6F84秒9-37秒1-11秒4を計時した。須貝師は「次走については未定」としながらも、「相手に合わせて息をつくる程度の内容。体はまた大きくなっているし、いい雰囲気」と満足げに振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス