文字サイズ

【POG】ラキエータ 楽々と押し切り 松山「強かった」

 「新馬戦」(18日、中京)

 1番人気のラキエータ(牝2歳、父キンシャサノキセキ、母ウィルパワー、栗東・音無)が好位追走から直線半ばで先頭に立ち、そのまま楽々と押し切った。

 半兄がマイルG1・2勝馬インディチャンプという良血馬に、松山は「体は小さいですが、バランスが良く、不良馬場もこなしてくれました。強かったです」と高評価。音無師は「追いだしてからしっかりしていたね。オーナーと相談の上だけど、次は1400メートルを使いたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス