文字サイズ

野村彰彦元調教師が死去 78歳 秋山真「師匠には感謝しかない」

 野村彰彦(のむら・あきひこ)元調教師が13日に病気のため死去していたことが17日、日本調教師会より発表された。78歳だった。葬儀等は近親者のみで執り行われた。

 騎手を経て、85年に調教師免許を取得。97年桜花賞馬のキョウエイマーチをはじめ、09年中山グランドJ勝ちのスプリングゲントなど多くの活躍馬を輩出。重賞25勝を含むJRA通算488勝を挙げ、14年2月に引退した。

 所属していた秋山真は「師匠がいなければ、今、自分は騎手をしていないかもしれません。たくさんの騎乗馬を自分に用意してくれました。ケガをした時も連絡をくれたり、(厩舎解散後も)ずっと気に掛けてくれていました。師匠には感謝しかありません」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス