文字サイズ

ワールドプレミア変わらず元気 天皇賞・春Vから一夜明け 

 天皇賞・春で19年菊花賞以来となるG1・2勝目を挙げたワールドプレミア(牡5歳、栗東・友道)が一夜明けた3日、栗東トレセンで元気な姿を披露した。レース後は午後6時30分過ぎに帰厩。大西助手は「いつもと変わらず、元気いっぱい。ケロッとしていたね。カイバも全部きれいに食べてくれたよ」と無事に戻ってきた愛馬に目を細めた。

 競馬は向正面でのスタート地点からスタンドに戻るバスの中で観戦。「京都なら自信はあったけど、阪神は(2周目が)内回りで届くかなと思った。福永ジョッキーがうまく乗ってくれたね。大したもんやわ。よく力を見せてくれた。みんな“まだ奥がある”と言ってくれる。脚元も問題なかったし、今後も順調に行ければ」とさらなる飛躍を期待した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス